人命救助に貢献する「オーザックJPシステム」

オーザックJPシステムの目的

 

オーザックJPの目的は「人命救助」です。

 

災害現場・テロ現場・患者搬送現場、などで発生する「酸素吸入がスムーズにできない」という問題を解決し、人命救助に貢献するのがオーザックJPです。

【研究開発 → 普及】 その理念

 

我が国はこれまで様々な災害に見舞われ、数々の苦い経験をしてきました。

 

今後も大規模災害の発生が予想されております。

また、地下鉄サリン事件のようなテロ災害の脅威にされされつつあります。

 

当事務所は、緊急・災害の現場で起きた過去の様々な問題を発見し、想定される問題を環境学・自然科学・医学・社会学・経済学などの幅広い分野から捉えて問題点を探求し、その対応策などにも広げた研究を行います。

 

そして、その研究成果を関係機関や関係省庁などに提言していきます。

 

その全てが「人命救助」につながります。

酸素ボンベ規格の違いで発生する医療現場の混乱を解決

担当役員

 

専務執行役員:YUKIO SHIMIZU

常務執行役員:MASAYUKI AIKI

執行役員:SHU IIJIMA

 

 

写真は「オーザックJPシステム」のフルセット

 

・自然災害やテロの現場で、消防車や病院や自衛隊の酸素ボンベの規格が異なることで、被災者や病人への酸素吸入がスムーズに行かない事があります。

 

・「オーザックJPシステム」のフルセットを備えることで、酸素ボンベの規格が違っても、被災者や病人への酸素吸入をスムーズに問題なく行うことが可能になりました。

 

 

救急・災害対応事業部へのご連絡

メモ: * は入力必須項目です